Top
タグ:Bouquet champêtre ( 48 ) タグの人気記事
Top▲ |
Bouquet champêtre de tournesols



f0151946_0312498.jpg




シックな褐色の向日葵の格好よさに見惚れる。

どんな風に束ねようか、合わせる花材のどの部分を活かそうか、
ネトワイエ(枝分けしたり、葉を落としたりの下準備)をする時間が好き。

向日葵って大きな面の花で、俯いていたり、
真横見てたり、上向いてたり、自由奔放伸びやか。
それをのっぺりさせずに立体的に組む大胆さが楽しい。



f0151946_0321123.jpg




クルクルもしゃもしゃクレマチスシードに、
ブルーベリーと野バラの実付きの枝、
この花合わせをできる幸恵さんて最高♡

束ねていても楽しくって、できあがったブーケを眺めて自画自賛(笑)。

強いて難点を挙げるなら、向日葵20本は重たいー。
最後は幸恵さんに手を添えていただきながら仕上げました。

いつもワクワクのレッスンをどうもありがとう♡













[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-07-31 23:34 | Flowers/Leaves
Bouquet champetre d'ete



f0151946_22585790.jpg




アガパンサスってこんなに魅力的なコだったっけ?

紫陽花と同じように梅雨のこの時期
小花が花火のように開いて満開を迎えるお花。

街中の花壇でもよく見かけるコ。
花壇では長〜い茎が目立って、あんまり見栄えする姿じゃない印象。

たっぷりのグリーンとあわせると
爽やかカッコいいシャンペトルブーケに変身♡

気付かなかった魅力に出会えるのも幸恵さんの抜群の花合わせ故。

もう丸7年。

尽きることのない魅力に出会えた幸せ♡












[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-07-03 23:06 | Flowers/Leaves
Bouquet champêtre de pivoine



f0151946_0141691.jpg




真っ白な芍薬(ユニバースター)とグリーンで束ねたシャンペトル・ブーケ。

芍薬はそれだけでゴージャスで存在感たっぷりだけれど、
たっぷりのグリーンと合わせるとなんとも清々しい存在に変身。

パリでの由美さんやヴァンソンのレッスン()を思い出す
フランボワジエの葉を今年は日本でも入手できようになったそうで、
パリ気分も十分に味わえちゃう。



f0151946_0145190.jpg




楽しく束ねて、最後に幸恵さんに見ていただいて調整してできあがり♪

華やかに咲いた芍薬は香りも高く、アロマ効果もたっぷり。

自画自賛のブーケはお天気もよくて心地よい週末のお供でした♡












[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-05-30 23:53 | Flowers/Leaves
Tulipe noire


f0151946_114054.jpg




由美さんのレッスンの翌日はヴァンソン号で行くランジス花市場ツアーへ参加()。
その帰りに、"ポピーが痛んでいたからこれで束ね直してみてね" と、
好みの色を選ばせていただいてチューリップをいただきました。

このノワール(黒)なチューリップは、
ヴァンソンの東京レッスン()でも使ってとっても気に入ったコ♡



f0151946_141860.jpg




アパルトマンで束ね直すと、不思議とラベンダーのプロヴァンスのイメージが消え、
シックでガラッとパリっぽく変身。

これも好き〜♡

由美さんのお心遣いで楽しくブーケを束ねる機会をもう一度いただけて、
満足度120%超えの充実っぷり。

由美さんと花とヴァンソンなくして私のパリ旅は成り立たない。

パリ滞在にいつも華を添えてくれる由美さんに感謝を込めて。












[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-05-10 23:51 | Travel
yumi saito paris ~ Bouquet champêtre de provence



f0151946_0485760.jpg




パリでの由美さんのレッスンで登場したのは、ラベンダー!
うさぎちゃんの耳のような形のフレンチラベンダー。
初夏のイメージだけれど、3月終わりにはイタリアものが入ってきていました。

季節は春、ポピーと枝ものは桜(だったかその類)をあわせてシャンペトルブーケ。

イメージが湧いてこなかった (^^;)

最初は自分で思うように束ね、
次に由美さんがデモンストレーションで披露してくださり、
最後にもう一度束ねてみる。

いつも何かしらハジメテを用意してくださるので、
以前のレッスンを思い出しながらどう魅せたいのか想像してみる。

頭でわかっていても実際にそれを形にするとなると
思い切りのよさが足りないって、いつも気付くこと。

その気付きが楽しくもあり、悔しくもあり(笑)。

思い切りのよさ、次はクリアしたいなぁ。

ラベンダーとポピーの黄色がプロヴァンスのイメージで↑タイトルに。
このブーケ、次はがらっと変身です。












[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-05-07 23:47 | Travel
好きとか好きとかやっぱり好きとか



f0151946_2192222.jpg
(ヴァンソンのレッスンデモのシャンペトルブーケ)



好きの対象って



f0151946_2195335.jpg
(ヴァンソンと幸恵さん♡)




時間が経ったり



f0151946_220242.jpg
(楽しそうね〜♪)




他の対象が現われたり



f0151946_2204879.jpg




いつの間にか



f0151946_221647.jpg
(由美さんの声が心地よく届きます)




ズレていっちゃったりすることもあるけれど



f0151946_2215417.jpg
(ヴァンソンのレッスンデモのシャンペトルブーケ)




変わらないものもある



f0151946_222192.jpg
(妖艶なスイートピーとチューリップとスカビオサのブーケラフィネ)




ここにあるもの



f0151946_2224673.jpg
(お馴染みのヴァンソン必殺技・笑)




ぜーんぶ



f0151946_22352.jpg
(このブーケラフィネ好き過ぎる♡)



好き♡



いつまでも、変わらずに、好き♡

















[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-03-23 07:18 | Flowers/Leaves
Bouquet champêtre de SAKURA


f0151946_21245943.jpg




幸恵さんのレッスンで束ねた毎年楽しみな桜のシャンペトルブーケ。

今年は陽光桜にクリスマスローズをあわせて。

ついこの間までミモザに夢中だったのに、
今はもう桜が待ち遠しい。

今年は満開は見逃しそうだけれど、その頃には再びパリへ♡













[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-03-13 21:28 | Flowers/Leaves
ミモザの日*



f0151946_054882.jpg




ヴァンソン・レサールの来日レッスンで、
ミモザをふんだんに使って束ねたシャンペトルブーケ。

黄色のグロリオサがポイント。

春のやわらかいラインや表情の花材で束ねるシャンペトルブーケ、好きだな〜♪

3月8日は国際女性デーであり、ミモザの日でもあります。

自分でも見惚れちゃうミモザのブーケ(画像)を、
すべての女性の幸せを願って贈ります!











[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-03-08 06:53 | Flowers/Leaves
Bouquet champêtre de camélia



f0151946_0385189.jpg




CHANELのモチーフのカメリアのような白い椿。

椿のシャンペトルブーケを束ねたいっていう私の希望を叶えてくれた幸恵さんのレッスン。

白い花びらに黄色い花芯、艶っとした深い緑で力強い葉の立派な椿。

たぶん、ブーケで束ねたのはハジメテ。

葉の付き方が意外とのっぺりフラットで、
うまく活かしてあげないと立体感が出ない。



f0151946_0393345.jpg




自由奔放でしなやかなラインの雪柳で動きを出したら、
幸恵さんのアトリエの空間では感じなかった大胆さが
我が家の狭い部屋では目立ち過ぎ、
椿とともに少し引っ込んでもらいました(笑)。

後から写真をよくよく見ると、こうした方がよかったなぁも見えてくるけれど、
大らかに伸びやかに束ねられて満足♡

幸恵さん、ありがとう♡♡♡

















[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-01-30 23:58 | Flowers/Leaves
yumi saito paris ~ 日常のなかの非日常*



f0151946_23245286.jpg




パリっていう私にとっては非日常の空間でのブーケのレッスンは、
いつも特別で、わくわくが止めどなく降ってきて、
コレなしでは今の私の生活は成り立たないとさえ思えちゃう。



由美さんのレッスンでは、久しぶりにじっくりと向き合いながら
花材を手渡していただきながら束ねました。



あぁ、あのハッとする感覚が蘇ってきた。



花材や色の組み合わせだったり、その使い方、透明感や空気感、
出会った頃の魅せられていく感情がぶわぁーっと湧いてきて
とっても新鮮なひと時でした。



出会えてよかった。



また帰ってきます♡













[PR]
Top▲ | by lambsear | 2016-11-23 23:27 | Travel
| ページトップ |
"pumpkin patch" Skin
by Animal Skin
Copyright ©2007-2016 lambsear All Rights Reserved