Top
タグ:Paris 2017 ( 6 ) タグの人気記事
Top▲ |
BALENCIAGA, L'OEUVRE AU NOIR



f0151946_21314974.jpg




バレンシアガの黒の作品にフォーカスした企画展へ。
春パリ滞在時のお楽しみでした。



f0151946_21325842.jpg




会場は彫刻家アントワーヌ・ブールデルのアトリエを改装したブールデル美術館。



f0151946_2133305.jpg




常設展示の彫刻作品とともにバレンシアガの作品も展示されています。

そんな設定も見所。



f0151946_2134398.jpg




メゾン創立100周年を迎えたバレンシアガ。

私にはあんまり馴染みのないメゾン。



f0151946_21345471.jpg




特徴とか、何に注目すればいいのとか、
知識とか、先入観とかなしに感じるがままに周りました。



f0151946_21352687.jpg




黒と一言でいっても、質感の違う素材合わせ、
煌めきや艶やかさ、カッティングやボリュームの強弱、
女性らしさを惹きだす美しさの表現が素晴らしい。



f0151946_21355770.jpg




時代を経ても古さを感じない。



f0151946_21383919.jpg




手に入れたいとは思わなくても、纏ってみたいなぁ〜とは思いました♡



f0151946_2139142.jpg




この企画展を検索していたときに偶然みつけたのが、
展示の照明に携わった照明デザイナーの記事()。



f0151946_21401386.jpg




シルエットとかレース模様とかとっても奇麗に魅力が映し出されている。
ブーケもそうだけど影に魅力を感じるの。

制限がある中での光の表現、作品の魅力がたっぷり伝わっていました。



f0151946_21411095.jpg




バレンシアガの黒、美しかった。















[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-07-16 21:47 | Travel
ヴァンソンと行くランジス花市場ツアー*



f0151946_036523.jpg




斎藤由美さん主催のランジス花市場ツアー、グループでのツアーと、
由美さんとヴァンソンを独り占めしちゃうスペシャル版もあります。



f0151946_0375381.jpg




ヴァンソンの仕入れと、その後のRosebudでのディスプレイを見たくて、
タイミングがあえばスペシャル版に参加するのが最近のパリ旅の楽しみの一つ。



f0151946_0382446.jpg




私は花のプロではないけれど、旬の花と空気を感じ取れる花市場ツアーが好き。

何度行っても飽きることなく楽しいの。



f0151946_0385649.jpg




何度かヴァンソンが仕入れる様子を見たけれど、
毎回一時間足らずで台車2台をあっという間にいっぱいにしちゃいます。

3月終わりの市場は、見事な枝ぶりの桜や木蓮、
小手毬や雪柳のしなやかなラインがでる枝もの、
ラナンキュラスやアネモネの球根花の芽吹く勢いが溢れる中、
びっくりしたのが由美さんのレッスンで使ったフレンチラベンダーがいっぱいだったこと。

ラベンダーって初夏のイメージなのよね。



f0151946_040094.jpg




初夏といえば、ちょうど芍薬が出始めてRosebudでもお目見えしていました。



f0151946_0423257.jpg




季節が変わればもちろん旬のお花も変わって、
パリを何度も訪れる楽しみはそこにもあるのです。



f0151946_043137.jpg




早くも、まだいつとは決まっていない "次" が楽しみ。















[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-05-25 23:36 | Travel
Have a wonderful week ahead!



f0151946_0523485.jpg
(Paris, Apr 2017)



画像ともタイトルとも全然関係ないんですけどね、
薄汚れていたティッシュ箱のカバーを洗ったらすんごい縮んじゃったー(笑)。

麻が入ってた???

うーん、納まらない(泣・笑)!













[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-05-15 07:51 | ひとりごと
Tulipe noire


f0151946_114054.jpg




由美さんのレッスンの翌日はヴァンソン号で行くランジス花市場ツアーへ参加()。
その帰りに、"ポピーが痛んでいたからこれで束ね直してみてね" と、
好みの色を選ばせていただいてチューリップをいただきました。

このノワール(黒)なチューリップは、
ヴァンソンの東京レッスン()でも使ってとっても気に入ったコ♡



f0151946_141860.jpg




アパルトマンで束ね直すと、不思議とラベンダーのプロヴァンスのイメージが消え、
シックでガラッとパリっぽく変身。

これも好き〜♡

由美さんのお心遣いで楽しくブーケを束ねる機会をもう一度いただけて、
満足度120%超えの充実っぷり。

由美さんと花とヴァンソンなくして私のパリ旅は成り立たない。

パリ滞在にいつも華を添えてくれる由美さんに感謝を込めて。












[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-05-10 23:51 | Travel
yumi saito paris ~ Bouquet champêtre de provence



f0151946_0485760.jpg




パリでの由美さんのレッスンで登場したのは、ラベンダー!
うさぎちゃんの耳のような形のフレンチラベンダー。
初夏のイメージだけれど、3月終わりにはイタリアものが入ってきていました。

季節は春、ポピーと枝ものは桜(だったかその類)をあわせてシャンペトルブーケ。

イメージが湧いてこなかった (^^;)

最初は自分で思うように束ね、
次に由美さんがデモンストレーションで披露してくださり、
最後にもう一度束ねてみる。

いつも何かしらハジメテを用意してくださるので、
以前のレッスンを思い出しながらどう魅せたいのか想像してみる。

頭でわかっていても実際にそれを形にするとなると
思い切りのよさが足りないって、いつも気付くこと。

その気付きが楽しくもあり、悔しくもあり(笑)。

思い切りのよさ、次はクリアしたいなぁ。

ラベンダーとポピーの黄色がプロヴァンスのイメージで↑タイトルに。
このブーケ、次はがらっと変身です。












[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-05-07 23:47 | Travel
春爛漫のパリ*



f0151946_8225819.jpg




もう一か月前。



夏時間を迎え陽も延びて、温かくなってカフェのテラス席が満席になり、
人々のうきうきする様子が露に伝わる春爛漫のパリを楽しんできました。



この季節に来たのは初めて。



f0151946_845483.jpg




木々は芽吹き、桜や木蓮、睡蓮にチューリップ、花に溢れ、
夏とも冬とも違う、人も植物も、街も、それを包む空気にも勢いを感じるパリでした。



季節を変えて訪れるパリの楽しみ。



早くもパリが恋しい♡












[PR]
Top▲ | by lambsear | 2017-05-03 08:27 | Travel
| ページトップ |
"pumpkin patch" Skin
by Animal Skin
Copyright ©2007-2016 lambsear All Rights Reserved